2010年03月09日

地下鉄サリン 15年ぶり「13人目の死者」認定 (産経新聞)

 12人が死亡したとされる平成7年3月の地下鉄サリン事件で、殺人罪の起訴状では被害者とされていなかった死亡者1人を、警察当局がオウム真理教犯罪被害者救済法上の死亡者と新たに認定していたことが6日、関係者への取材で分かった。遺族が平成20年12月に施行された同被害者救済法に基づいて給付金を申請したところ、事件が原因で死亡したと認定された。

 今月20日で事件発生から15年となるが、「13人目の死者」について一定程度の救済が実現したといえそうだ。同被害者救済法は地下鉄、松本両サリン事件や坂本弁護士一家殺害事件など、オウムによる8事件の被害者や遺族に給付金を支給することを定めた法律。支給額は死亡の場合は遺族に2千万円となっている。

【関連記事】
原田美枝子「地下鉄サリン」ドラマで号泣
地下鉄サリン直前「捜査攪乱の情報あった」 国松元警察庁長官証言
オウム2幹部の死刑確定
「複雑な心境」遺族ら会見 オウム2幹部の死刑確定
「霞が関に来るの怖かった」 地下鉄サリン被害者、裁判員候補者に
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

東電との取引装い融資金詐取、社長を再逮捕(読売新聞)
民主“参院の乱” 身内から「公共事業を止めるな」(産経新聞)
COP10名誉大使にMISIAさん=国連(時事通信)
滋賀リビング新聞社で火災=けが人なし−大津(時事通信)
2.4億円支払いで和解=元レストラン店長過労訴訟−鹿児島(時事通信)
posted by がじゅまるこ at 15:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。